ダイニングチェア選びはどんなところに注目すべき?

室内に置く家具の中でも、毎日使うものは、使いやすさを重視して選ぶのがポイントになります。そうした家具の中でも、ダイニングチェアはダイニングを彩ってくれる家具の一つです。ちょっとくらいの傷や汚れなどがついても、気を遣わないでいられる価格帯で選びたい方も多いでしょう。しかし、安ければどんなものでもいいということはなく、座り心地と質にもこだわりを持って、良いものを選びたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ダイニング用のチェアは、一度購入すると長く使用する家具になるので、自分のライフスタイルにぴったり合うタイプを選びたいものです。椅子を選び際には、いくつかのポイントに注目して選ぶと失敗が少なくなります。そこで今回は、ダイニングチェアの購入する時に、どんなところに注目するべきかをご紹介します。

見た目の雰囲気と素材に注目して選ぶ

自分が気に入ったものなら、愛着を持って長く使えるものです。ダイニングに置くチェアを選ぶ場合も、直感的に好きなデザインや雰囲気のものを探してみましょう。この時、どんなイメージのダイニングにしたいのかを、最初に考えておくことも大事です。ダイニングチェアを買う時に、テーブルとの相性を考えて選ぶ人も多いかもしれません。しかし、テーブルと同じ素材のものを必ず選ばなければいけない、ということはありません。敢えて違った素材にして、その組み合わせを楽しむこともできるからです。ダイニング用のチェアの素材には、プラスチックやメタル、木材のいずれかになる場合が多くなっています。座面についても、皮革や木など、色々な種類があります。プラスチック製は薄いため、実際に座って感触や座り心地を確かめてみましょう。座った時に不安定に感じたら、避けた方が無難です。どんなイメージが良いか思い浮かばない方は、まずインテリアの雑誌などを購入し、事前に色々なチェアを眺めておくと、自分のイメージが固まりやすくなります。

チェアはテーブルの高さも考慮して選ぶ

ダイニングチェアは、チェアの座面高とテーブルの高さを考えながら選ぶことも大切です。理想的には、テーブルの高さとチェアの高さに25センチから30センチの差があると良い、と言われています。ここで、外国産テーブルを使っている方は、注意点があります。外国製は日本製と比べて、高く作られている場合があります。外国産テーブルに日本製のチェアを合わせた場合、座った時に無理な姿勢になることがあるので、注意しましょう。安心して座れる椅子の高さというものは、座っている時に両足の裏全体が床面についている状態になる高さです。また、膝の角度もポイントです。実際に椅子に座り、膝の角度を確認してみましょう。90度になっている状態がベストです。また、この場合に注意したいのは、靴を履いて座るかどうか、ということです。椅子に試しに座ってみる場合、店では靴を履いたまま座ることが多くなります。女性の方は、かかとが高いヒールなどを履いていることもあるので、座り心地を調べる時は、靴を脱いでから座るようにしましょう。

家具レイアウト・整理収納相談等、各種セミナーを開催しておりますお気軽にお問合せください。 人間の体型に沿った曲線は、彫刻のような美しさと長時間座っても疲れない優しい座り心地を両立しています。 マイチェアとして、お食事の時間だけではなく、趣味や寛ぎようとしてもご使用いただけます。 熟練の職人による日本の伝統工法を応用した木組みは、高い耐久性を持ち合わせています。 こだわりのダイニングチェアを【家具蔵】でお探しください